個人データを、ビジネスを守る、IIJ

EU-米国間のプライバシー・シールドの有効性


EU-U.S. Privacy Shieldの有効性について欧州で裁判が続く中、同制度の初めての年次レビューがEU-米国間で行われましたが、多くの課題が残されました。渥美坂井法律事務所・外国法共同事業のジョイ・カルグ(ニューヨーク州弁護士*)がSafe Harbor無効判決からPrivacy Shield成立を経て、今日の論争に至る経緯について解説します。

続きは有料会員様にご覧いただけます

ログイン 有料会員登録情報を見る

関連する記事