スプレッドシートでの
個人データ管理に
限界を感じていませんか?

OneTrust データマッピング&プライバシーリスク評価ツールにより、個人データ管理をシステム化し、管理負荷を大幅に削減することができます

概要動画はこちら

マンガで分かるシリーズ スプレッドシートでの個人情報管理に限界を感じていませんか?

オンラインセミナー グローバルレベルのプライバシーガバナンス実践時の重要ポイント

経営戦略としてのデータマッピングツールの活用

現場の切実な声

IIJデータマッピング&プライバシーリスク評価ツール導入前

IIJデータマッピング&プライバシーリスク評価ツール導入前イメージ

Excelでの管理・集計では広範かつ迅速な分析、リスク把握はほぼ不可能。
折角情報を集めても利活用できずじまいに…

 

矢印

IIJデータマッピング&プライバシーリスク評価ツール導入後

IIJデータマッピング&プライバシーリスク評価ツール導入後イメージ

データベースで一元管理することで、全世界の個人データ処理業務を見える化。
現場も入力の手間が減り、本社側も一瞬で必要な情報を手に入れることが可能に。

 

導入メリット

個人データ処理業務の全社的な一元管理

グループ全体の個人データ処理業務を本社レベルでまとめて把握

グローバルなプライバシー保護対応

国の枠を超えた、グローバルで統一的なプライバシー保護対応を実現

個人データ侵害発生リスクの低減

インシデント発生リスクの要因を早期に探知し対応

円滑な当局・データ主体対応

開示義務のある書面の自動生成・管理により、迅速な当局やデータ主体対応が可能となり、組織の信頼を確保

IIJデータマッピング&プライバシーリスク評価ツールの内容

データマッピングツールとプライバシーリスク評価ツールの内容図説

データマッピング&プライバシーリスク評価ツールによる業務管理の流れ

データマッピング&プライバシーリスク評価ツールによる業務管理の流れ図説

ツール導入支援以外にも、
プライバシーガバナンス対応に必要な支援が可能です

弁護士とITシステムの専門家が同一チームに在籍し、
法的側面とシステムの両面からワンストップで強力に支援

  • プライバシーポリシーやプライバシーノーティスのドラフト作成支援
  • データマッピングによる現状把握と要対応事項の特定
  • データ保護影響評価(DPIA)、越境移転影響評価(TIA)の実施
  • データ保護契約(DPA)のドラフト作成支援や域外移転の適法化対応(EU SCC/BCR、APEC CBPRなど)支援
  • 合理的なセキュリティ対策要件を策定するためのリスクアセスメント実施支援など
  • データ保護責任者(DPO)やデータ保護管理者(DPM)、また、データ保護管掌役員(CPO)やEU/UK代理人などを含めたグローバルな組織体制設計と運用アウトソーシング
  • グローバルで統一したデータ保護ルールや各地域に特化したローカルデータ保護ルール策定
  • 有事対応、データ主体の権利行使時の対応ルール・マニュアル策定
  • データ保護におけるモニタリング・監査対応

プライバシーガバナンス領域におけるIIJの強みと実績

各業界の対応相場観を熟知しているためメリハリのあるコンサルティングが可能

強 み

当事者としての実務経験

BCR Certified ロゴ

APEC CBPRs ロゴ

国内随一の
コンサルティング実績

国内外のプライバシー保護規制に
関する専門調査チームを保持

BizRisロゴ

現役DPOや
DPO/CPO補佐チームによる
当局対応経験

豊富な対応実績

GDPR・米国法・日本法・中国法といった 国内外のプライバシー保護規制対応を日本企業とその海外拠点に提供しています

コンサルティング
サービス

600社+

BizRis会員数

3,600社+

クッキーバナー
導入実績

600社+

運用支援サービス(DPO/CPO/EU代理人/UK代理人等)

150社+

これらの強みと実績に裏付けられた確かな品質で
運用実務面・ツール設定面・法的側面をワンストップで支援

個別説明をお申込希望の方

個別説明をお申し込み希望の方は以下のフォームをご記入の上、送信ボタンを押してください

*のある項目は入力必須です。