個人データを、ビジネスを守る、IIJ

ブラジルの個人データ保護法制


ここでは、ブラジルではじめての包括的・セクター横断的な個人データ保護に関する法律、Lei Geral de Proteção de Dados (13.709/2018,個人データ保護法。以下「LGPD」)について解説いたします。解説の項目は下記のとおりです。

  1. LGPD の位置づけと現状
  2. 適用範囲(3 条)
  3. 重要な定義(5 条)
  4. 個人データ処理が合法的と認められる条件(適法根拠)(7 条)
  5. 情報提供義務(9 条)
  6. センシティブな個人データの処理(11 条)
  7. 匿名化されたデータとプロファイリング(12 条)
  8. 年少者の個人データ処理(14 条)
  9. 個人データ処理の終了と消去(15・16 条)
  10. データ主体の権利(17-22 条)
  11. . 個人データの国外移転(33-36 条)
  12. 管理者・処理者の義務(37-40 条)
  13. データ保護責任者(41 条)
  14. 責任と損害賠償(42-45 条)
  15. 個人データのセキュリティ(46,47 条)
  16. データ侵害報告(48,49 条)
  17. 行政制裁(52 条)

詳細は、本文をご覧ください。

続きは有料会員様にご覧いただけます

ログイン 有料会員登録情報を見る

関連する記事