個人データを、ビジネスを守る、IIJ

シンガポールの個人情報保護法と日本企業


以下においては、日本企業が対応すべきであるPDPAの内容をご説明します。また、末尾にPDPAが適用される日本企業のためのチェックボックスを用意しましたのでご利用ください。
1 個人情報保護法違反により日本企業を摘発~シンガポール~
2 PDPAの内容
2.1 適用対象者
2.2 適用対象情報
2.3 企業が個人情報保護制度を整備する際に留意すべき事項
2.4 個人情報を取得する方法
2.5 個人の企業に対するアクセス権
2.6 情報の正確性に関する義務
2.7 国外移転の問題(PDPA第26条)
2.8 罰則
3 PDPAが適用される企業が注意すべきポイント

続きは有料会員様にご覧いただけます

ログイン 有料会員登録情報を見る

関連する記事