【受付終了】10月19日(水)IIJ主催 オンラインセミナー
中国データ保護三法対応の最前線: 日本企業の優先課題とは?

IIJ ロゴ

中国では2021年9月にデータセキュリティ法、11月には中国個人情報保護法が施行され、2017年施行のサイバーセキュリティ法と併せてデータ保護関連三法が出揃いました。当初は未確定な部分が多かったものの、この半年間で細則とひな型も徐々にアップデートされており、法執行がいよいよ本格化しそうな兆しが現地にはあるようです。

本セミナーでは、法的観点、中国現地の当事者としての観点、日本本社としての観点で、3人の専門家から「中国データ保護三法対応の最前線:日本企業の優先課題とは?」というテーマで、現地の最新動向と実務経験に基づく重要ポイントを平易にご紹介します。

ご多忙のところ恐れ入りますが、皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

日時 2022年10月19日(水)14:00~16:30 (開催形式:オンラインセミナー)
参加費 無料
定員 500名
対象 中国にてビジネスを展開しているお客様、企業経営者/法務・コンプライアンス担当者/IT・セキュリティ担当者
主催 株式会社インターネットイニシアティブ
申込締切 2022年10月17日(月)17:00まで

ゲスト登壇者

松本 亮 氏

松本 亮 氏

大江橋法律事務所
パートナー弁護士

上海オフィス首席代表、2002年京都大学法学部卒業、2005年弁護士登録、2010年北京大学法学部留学を経て、2012年より大江橋法律事務所上海オフィスにて執務。近年、中国ではサイバーセキュリティ法、個人情報保護法及びデータ安全法等の立法が相次いでおり、日系企業に対し、これら情報関連法令への対応について多数アドバイスを行っている。現地に駐在しているからこそ感じる肌感覚での執行リスクを踏まえながら、実務的にどこまで対策を実施する必要があるかについて具体的にアドバイスすることを心掛けている。情報関連法令に関するセミナーや執筆を多数行っている。

プログラム

14:00~14:40
(40分)

中国のサイバーセキュリティ法、データセキュリティ法、個人情報保護法対応の最新動向と今後の展望

大江橋法律事務所
上海事務所首席代表 パートナー弁護士
松本 亮氏

14:40-14:50
(10分)
休憩
14:50~15:30
(40分)

中国人コンサルタントから見た中国データ保護主要三法対応の重要ポイント
    - 現地進出企業コンプライアンス態勢構築の着眼点並びに実務解説

IIJ Global Solutions China Inc.
董事・副総経理 事業統括部長
李 天一

15:30-15:40
(10分)
休憩
15:40-16:30
(50分)

日本本社が直面している課題と現実的な対策

株式会社インターネットイニシアティブ
ビジネスリスクコンサルティング本部 シニアコンサルタント
加藤 博一

※ 講演の内容は都合により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
同業他社様、個人の方、フリーメールアドレス利用の方等からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

電話・メールでのお問い合わせ

IIJセミナー事務局

03-5205-6479

お問い合わせはこちら

中国個人情報保護法・データセキュリティ法がもたらす日本企業への影響

中国のクラウドサービスの利用でお困りの方はIIJにご相談ください

中国サイバーセキュリティ法対応ガイドブック