個人データを、ビジネスを守る、IIJ

【eBook】中国サイバーセキュリティ法対応ガイドブック 無料ダウンロード


中国では、2017年6月に「中華人民共和国網絡安全法」、いわゆる「中国サイバーセキュリティ法」が施行され、関連規則や国家標準なども日々整備が進んでいます。また、同法に基づく企業の監査や取り締まりが進められています。

中国で情報システムを使用する企業は、日系企業も含め、ほぼ全てが「ネットワーク運営者」となり、取り扱う情報の性質やリスクレベルによって等級が定められ、等級に応じたセキュリティ保護措置の実施が求められます。また、中国国内から国外にデータを転送することは「越境移転」とよばれ、規制の対象となる可能性があります。

これらに違反した場合、企業やそのトップ、現場の責任者や担当者が責任を追求され罰金が課されたり、営業停止や営業許可の剥奪、運営サイトの停止命令などの罰則が課される恐れがあります。

IIJビジネスリスクコンサルティング本部では、お客様の中国サイバーセキュリティ法対応の参考としていただけるよう、ガイドブック「中国サイバーセキュリティ法対応 まずはここから!」を無料でご提供いたします。

続きは有料会員様にご覧いただけます

ログイン 有料会員登録情報を見る

関連する記事