個人データを、ビジネスを守る、IIJ

欧州出張時の商談における個人データ処理の範囲


  • 2019年1月9日

01. 総則

弊社は欧州に現地事務所を持っておりますが、このほど、欧州に商談のために出張いたします。現地での活動において、名刺交換以外で、打ち合わせをする現地パートナー企業等から得る情報の中に個人情報が含まれる可能性があります。例えば個人名が入っているものであれば、先方の組織図(個人名、肩書)などが考えられます。このような場合に、GDPRに対応して作成しているプライバシーノーティスを提示することで問題ないでしょうか? また、提示する手段として、メール送付によって行うということは可能でしょうか?
(この欄で紹介するQ&Aはこれまで多くのお客様からお寄せいただきました代表的な質問です。)

続きは有料会員様にご覧いただけます

ログイン 有料会員登録情報を見る

関連する記事