世界のプライバシー保護規制対応を支援するサイト

情報漏洩時の有事対応シリーズ⑤:内部不正対応時のヒアリングとインタビュー(理論編)


情報漏洩の際、初期対応での発見事項を精査の上、内部不正の可能性が高い場合、不正調査(対物・対人調査)を実施する必要があります。その際重要なのは、被疑者や重要参考人とのインタビューになり、やり直しがきかないため、成否のカギ […]

コンテンツをご覧になるにはログインが必要です

ログイン

関連記事

  • 2021年 8月 6日
はじめてのGDPR