世界のプライバシー保護規制対応を支援するサイト

EU域外の国への制裁の根拠


  • 2019年2月20日

基本原則

欧州

管理者・処理者・代理人

質問

素朴な質問になります。GDPRは、EUの法律なのに、どうしてEU当局が、GDPRに違反した場合、弊社日本法人への制裁金を請求できるのかが理解できません。ご教示をお願いいたします。
(この欄で紹介するQ&Aはこれまで多くのお客様からお寄せいただきました代表的な質問です。)

回答

そもそも、制裁金の対象となりうるデータ管理者、データ処理者は、GDPR上、第4条第7号、第8号で自然人、法人、公的機関、行政機関またはその他の団体と定義されており、域外にも適用される構成となっています。また、第3条第2項により、域内に拠点がない場合であっても…

コンテンツをご覧になるにはログインが必要です

ログイン

関連する記事