個人データを、ビジネスを守る、IIJ

イギリス:ICOは21世紀にダイレクトマーケティングをもたらす


ダイレクトマーケティングの実務にデータ保護法を適用することは、非常に特殊な状況である。例えば、新興の技術やソーシャルメディアのプラットフォームなどだ。Fieldfisher LLP のパートナーである Leonie Power 氏は、英国の監督当局がこれらの課題をどのように捉えているか、また、最近公表されたばかりのダイレクト・マーケティング・コードの草案(以下「草案」)に示された暫定的なガイドラインについて論じている。
2020 年の初めには、データ保護の分野で多くの進展が見られ、特に個人情報保護委員会(ICO)による草案の発表があった。草案は 3 月 4 日まで協議の対象となっており、最終版は今年後半になる見込みだ。ソーシャルメディア、顔認証、電子メール追跡を含む、21 世紀のマーケティング/プロファイリングとエンリッチメントの実務に焦点が当てられている。

  • ダイレクトマーケティングの目的
  • オンライン広告
  • 位置情報と電子メールの追跡
  • ソーシャルメディア
  • 21 世紀の顔検出技術について
  • 「ダイレクトマーケティングの壁」 の構築
  • エンリッチメント
  • データ仲介
  • 特別な種類の個人データ

続きは有料会員様にご覧いただけます

ログイン 有料会員登録情報を見る

関連する記事