個人データを、ビジネスを守る、IIJ

「職場の個人データ処理について」29条作業部会意見書の解説


GDPRにおける職場の個人データ処理に関し、欧州データ保護会議前身の29条データ保護作業部会の意見書の内容を紹介。
雇用主の事業遂行上の正当な利益の追求をデータ処理の適法根拠として、雇用関係におけるネットワーク監視、PC監視、車両運転監視、ビデオ監視などについて、実例をあげてその評価を試み、このような個人データ処理に関する評価の基本的枠組を提供しようとする文書です。

続きは有料会員様にご覧いただけます

ログイン 有料会員登録情報を見る

関連する記事