2月2日(水)IIJ主催 オンラインセミナー
DXを加速させるプライバシー保護規制対応の最前線【第3弾】:
まだ間に合う!!改正個人情報保護法の直前対策

IIJ ロゴ

2022年4月1日施行の改正個人情報保護法では、外国にある第三者への個人データ提供における情報開示義務が強化され、個人データ提供先国の個人情報保護制度・運用に関する継続的な情報収集など、企業実務に直接影響を与える点が多く含まれています。また、DMP等との連携によるサードパーティー・データの利活用時における一部のクッキーの取扱いも規制対象となります。 今回のセミナーでは日本企業の最新動向や多様な実務経験を踏まえて、「まだ間に合う!!改正個人情報保護法の直前対策」というテーマで、前回11月17日セミナーの続編として、施行までに準備しておくべき重要ポイントを平易にご説明します。このため、既にクッキーバナーを導入された企業にとっても、まだ未導入で検討中という企業にとっても、有益な情報提供の場となる必見の無料オンラインセミナーとなっています。

ご多忙のところ恐れ入りますが、皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

日時 2022年2月2日(水)13:00-17:00 (開催形式:オンラインセミナー)
参加費 無料
定員 1,000名
対象 企業経営者、法務・コンプライアンス担当者、IT・セキュリティ担当者、デジタルマーケティング・ブランディング部担当者、Web管理者・Web 開発者で技術的実装に興味のある方、海外にビジネスを展開しているお客様
主催 株式会社インターネットイニシアティブ
申込締切 2022年2月1日(月)17:00まで

ゲスト登壇者

杉本 武重 氏

杉本 武重 氏

S&K Brussels法律事務所
事務所代表・パートナー弁護士(日本、ニューヨーク州、ブリュッセル(B-List))

2000年駒場東邦高等学校卒業、2004年慶応義塾大学法学部法律学科卒業、2012年米国シカゴ大学ロースクール卒業(LL.M)、2013年英国オックスフォード大学法学部修士課程卒業(MJur)。EU一般データ保護規則(GDPR)、カリフォルニア州消費者プライバシー(CCPA)・カリフォルニアプライバシー権利法(CPRA)、日本の個人情報保護法(APPI)、中国の個人情報保護法(PIPL)および英国GDPRを主な取扱分野としグローバル企業のデータ保護コンプライアンス案件を多数手掛ける。近年はGDPR上のEUの管理者BCR(Binding Corporate Rules: 拘束的企業準則)および処理者BCRに関して、スペインのデータ保護監督当局やドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州のデータ保護監督当局などの欧州のデータ保護監督当局と交渉を重ね、各当局の承認決定ドラフトに関する欧州データ保護会議の意見およびそれに引き続く各当局の承認決定に至るまで、複数の日本企業を一貫して代理した。また、一般社団法人日本DPO協会の理事を務る。

石川 智也 氏

石川 智也 氏

西村あさひ法律事務所
フランクフルト&デュッセルドルフ事務所共同代表 パートナー弁護士

2006年弁護士登録、2017年米国NY州弁護士登録。2015年バージニア大学ロースクール卒業(LL.M.)、2016年ミュンヘン知的財産法センター卒業(LL.M.)、Noerr法律事務所ミュンヘンオフィスに出向。2020年10月から、ドイツのフランクフルトとデュッセルドルフに駐在し、日系企業の欧州進出を支援するとともに、ドイツから日系企業のグローバルでのデータ・プライバシーコンプライアンスを支援している。中でも、各国個人情報保護法制の調査・継続的なモニタリング、グローバルでのサイバーアタック事案への対処、越境移転規制への対応を得意としている。

Mr. Robinson Roe

Mr. Robinson Roe

OneTrust LLC
Managing Director of Asia Pacific, Japan

OneTrust社は、プライバシー、セキュリティ、ガバナンスのソフトウェア領域のグローバルリーダーであり、現在10,000社を超える企業が世界規模でOneTrust社のソフトウェアを利用。2020年には、過去3年間で48,000%の急成長を遂げた米国企業上位500社のなかに、OneTrust社もランクインされた。 Roe氏は、これまでに北米や欧州、日本・アジア太平洋地域といった世界各地のチームを統括管理するマネジメント職に長らく従事しており、このなかにはAirWatch社(豪州)、Telstra社(豪州)、Gartner社(米国)、IBM社(アジア太平洋、米国、豪州)、VickersRuwolt社での業務も含まれる。機械工学学士、経営学修士(戦略的将来予測)、CIPP/E、CIPM、Fitter & Turnerといった資格を有する。

プログラム

13:00-13:40
(40分)

2022年、グローバル企業のプライバシー担当者が取り組むべき課題のまとめ〜 欧州、アジア、日本

株式会社インターネットイニシアティブ
ビジネスリスクコンサルティング本部 副本部長
鎌田 博貴

13:40-13:50
(10分)
休憩
13:50-14:30
(40分)

外国にある第三者への個人データ提供時の情報開示義務:継続的な情報収集の課題と対策

西村あさひ法律事務所
フランクフルト&デュッセルドルフ事務所共同代表 パートナー弁護士
石川 智也 氏

14:30-14:40
(10分)
休憩
14:40-15:20
(40分)

Web施策に改正法が与える影響は?

S&K Brussels法律事務所
事務所代表・パートナー弁護士(日本、ニューヨーク州、ブリュッセル(B-List))
杉本 武重 氏

15:20-15:30
(10分)
休憩
15:30-16:00
(30分)

日本企業のクッキーバナー導入状況と、直面している課題

株式会社インターネットイニシアティブ
ビジネスリスクコンサルティング本部 シニアコンサルタント
加藤 博一

16:00-16:05
(5分)
休憩
16:05-16:35
(30分)

クッキーバナー導入までの経緯と苦労、実務上の留意点

ゲストスピーカー:株式会社マイナビ様


モデレーター:株式会社インターネットイニシアティブ
ビジネスリスクコンサルティング部 部長
宮岡 泰治

16:35-16:40
(5分)
休憩
16:40-17:00
(20分)

海外の最新事例から学ぶデータプライバシー戦略

OneTrust LLC
Managing Director of Asia Pacific, Japan
Mr. Robinson Roe

プリンシパルソリューションズエンジニア
須賀 弘一 氏

※ 講演の内容は都合により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
同業他社様、個人の方、フリーメールアドレス利用の方等からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

電話・メールでのお問い合わせ

IIJセミナー事務局

03-5205-6479

お問い合わせはこちら