【受付終了】11月17日(水)IIJ主催 オンラインセミナー
DXを加速させるプライバシー保護規制対応の最前線【第2弾】
改正個人情報保護法施行によるデジタルマーケティングへの影響とは?

IIJ ロゴ

2022年4月1日施行の改正個人情報保護法では、外国にある第三者への個人データ提供における情報開示義務の強化がされています。またEUの新しいSCCにおいても情報開示義務が強化されています。今回のセミナーでは(1)改正個人情報保護法、(2)個人データの越境移転規制及び必要な情報収集・開示義務、(3)国内外のCookie(クッキー)規制に焦点を当て、前回9月2日セミナーの続編として、「DXを加速させるプライバシー保護規制対応の最前線【第2弾】: 改正個人情報保護法施行によるデジタルマーケティングへの影響とは?」というテーマで、日本企業が今優先的に対応すべきグローバルな課題とデジタルマーケティング活動時の重要ポイントを解説します。

なお、今回は先着1,000名様限定の無料セミナーとなり、当日参加者を対象に、ビジネスリスクマネジメントポータル「BizRis」に関するお得なキャンペーン紹介がある旨ご了承下さいませ。

ご多忙のところ恐れ入りますが、皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

日時 2021年11月17日(水)13:00-17:00 (開催形式:オンラインセミナー)
参加費 無料
定員 1,000名
対象 企業経営者、法務・コンプライアンス担当者、IT・セキュリティ担当者、デジタルマーケティング・ブランディング部担当者、Web管理者・Web 開発者で技術的実装に興味のある方、海外にビジネスを展開しているお客様
主催 株式会社インターネットイニシアティブ
申込締切 2021年11月15日(月)17:00まで

ゲスト登壇者

杉本 武重 氏

杉本 武重 氏

S&K Brussels法律事務所
事務所代表・パートナー弁護士(日本、ニューヨーク州、ブリュッセル(B-List))

2000年駒場東邦高等学校卒業、2004年慶応義塾大学法学部法律学科卒業、2012年米国シカゴ大学ロースクール卒業(LL.M)、2013年英国オックスフォード大学法学部修士課程卒業(MJur)。EU一般データ保護規則(GDPR)、カリフォルニア州消費者プライバシー(CCPA)・カリフォルニアプライバシー権利法(CPRA)、日本の個人情報保護法(APPI)、中国の個人情報保護法(PIPL)および英国GDPRを主な取扱分野としグローバル企業のデータ保護コンプライアンス案件を多数手掛ける。近年はGDPR上のEUの管理者BCR(Binding Corporate Rules: 拘束的企業準則)および処理者BCRに関して、スペインのデータ保護監督当局やドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州のデータ保護監督当局などの欧州のデータ保護監督当局と交渉を重ね、各当局の承認決定ドラフトに関する欧州データ保護会議の意見およびそれに引き続く各当局の承認決定に至るまで、複数の日本企業を一貫して代理した。また、一般社団法人日本DPO協会の理事を務る。

石川 智也 氏

石川 智也 氏

西村あさひ法律事務所
フランクフルト&デュッセルドルフ事務所共同代表 パートナー弁護士

2006年弁護士登録、2017年米国NY州弁護士登録。2015年バージニア大学ロースクール卒業(LL.M.)、2016年ミュンヘン知的財産法センター卒業(LL.M.)、Noerr法律事務所ミュンヘンオフィスに出向。2020年10月から、ドイツのフランクフルトとデュッセルドルフに駐在し、日系企業の欧州進出を支援するとともに、ドイツから日系企業のグローバルでのデータ・プライバシーコンプライアンスを支援している。中でも、各国個人情報保護法制の調査・継続的なモニタリング、グローバルでのサイバーアタック事案への対処、越境移転規制への対応を得意としている。

田中 浩之 氏

田中 浩之 氏

森・濱田松本法律事務所
パートナー弁護士

2004年慶應義塾大学法学部法律学科卒業、2006年慶應義塾大学大学院法務研究科修了、2007年弁護士登録、2013年ニューヨーク大学ロースクール修了(LL.M. in Competition, Innovation, and Information Law)、2013年Clayton Utz法律事務所で執務(〜2014年8月)、2014年ニューヨーク州弁護士登録。日本企業の平時・有事の個人情報保護法対応及びCCPA・GDPR対応その他のグローバルなデータ保護法案件を数多く手掛けており、日本企業の実情と執行リスクを踏まえたリスク・ベースド・アプローチによる助言を心がけている個人情報、IT、知的財産を3本柱とする。著作は、「令和2年改正個人情報保護法QA」(共著、中央経済社、2020年)、「改正対応!実務に役立つ対話で学ぶ個人情報保護法の基礎」(会社法務A2Z連載中、共著)、「実務担当者のための欧州データコンプライアンス〜GDPRからeプライバシー規則まで〜」(別冊NBL 2019年4月、共著)等多数。

プログラム

13:00-13:40
(40分)

改正個人情報保護法施行に向けて企業が取り組むべき優先課題 (グローバル個人データ越境移転規制を中心にして)

株式会社インターネットイニシアティブ
ビジネスリスクコンサルティング本部 副本部長
鎌田 博貴

13:40-13:50
(10分)
休憩
13:50-14:30
(40分)

ダイレクトマーケティング(マーケティングオートメーション)ツール導入時に求められる実務ポイント

西村あさひ法律事務所
フランクフルト&デュッセルドルフ事務所共同代表 パートナー弁護士
石川 智也 氏

14:30-14:40
(10分)
休憩
14:40-15:20
(40分)

広告・アドテク(クッキー関連)への影響と規制対応

森・濱田松本法律事務所
パートナー弁護士
田中 浩之 氏

15:20-15:30
(10分)
休憩
15:30-16:10
(40分)

欧米のクッキー規制執行状況の最新動向

S&K Brussels法律事務所
事務所代表・パートナー弁護士(日本、ニューヨーク州、ブリュッセル(B-List))
杉本 武重 氏

16:10-16:20
(10分)
休憩
16:20-17:00
(40分)

改正個人情報保護法施行までにクッキーバナーの導入は必要か?:実装事例から学ぶ現実的対策

株式会社インターネットイニシアティブ
ビジネスリスクコンサルティング本部 シニアコンサルタント
井澤 寛延

※ 講演の内容は都合により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
同業他社様、個人の方、フリーメールアドレス利用の方等からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

電話・メールでのお問い合わせ

IIJセミナー事務局

03-5205-6479

お問い合わせはこちら