世界のプライバシー保護規制対応を支援するサイト

世界各国のクッキー規制最新動向(2021年1月14日時点)


※本文中の「クッキー」は、クッキーに代表されるブラウザや端末を特定できる技術全般{デバイスフィンガープリント(DF)、Webビーコン等を含む}を指しています。

IIJでは前回の2020年9月29日版に続き、日本企業からお問合せの多い①31ヵ国・地域、②17調査項目を対象に、西村あさひ法律事務所の協力も得て、この度「世界各国のプライバシー保護規制の概要一覧(グローバル・オーバービュー)」の更新版を作成しました。なお、前回から今回更新があったのは、31のうち25ヵ国・地域となっており、今回更新の2021年1月14日版について、概要はこちらになります。

※次回更新は4月を予定しており、既存の31ヵ国・地域に加えて、7ヵ国{バーレーン、バングラデシュ、ラオス、サウジアラビア、スリランカ、アラブ首長国連邦(アブダビ)、英国}を対象に追加します

今回も世界各国のクッキー(Cookie)規制について調査しており、クッキー規制を整備している国・地域は、下記の4つに分類できるようです:

1.  クッキー等の規制あり EEA、メキシコ、シンガポール
2.  独自の規制はないが個人データに該当する可能性が高い ブラジル、カリフォルニア、中国、タイ、ロシア、カナダ、ドバイ、マカオ、カタール、トルコ、スイス、ケニア、南アフリカ
3.  独自の規制はないが、個人データに該当する場合あり オーストラリア、インド、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、フィリピン、台湾、ベトナム、アルゼンチン、香港、イスラエル、ニュージーランド
4.  独自の規制なし カンボジア、ミャンマー

 

グローバルマップ上で上記4分類を国・地域別に色付けすると、下記の通りとなります:

「クッキー等に関する各国規制」の詳細情報については、下記レポートにて確認可能となっています:

ご参考までに、国内外のクッキー規制対応について、IIJ宛に最近多いお問合せは下記のようなものになります:

  • 自社Webサイトがそもそもクッキー規制の対象になるのか
  • 規制対象の場合、Webサイト上でポップアップ(バナー)を表示し、クッキーの利用について同意の取得を行う必要があるのか
  • インターネット広告の活用におけるプライバシー保護上の留意点は何か

IIJへのお問合せのなかには、ひそかに個人の閲覧情報を追跡しているとされているデバイスフィンガープリントに関するものも増えています。デバイスフィンガープリントのみならず、クッキー、Webビーコンやローカルストレージなど個人のネット上での行動を追跡可能なデジタル技術は様々存在します。また、今後も新しい技術が出てくることが予想されます。これらの技術は、使い方によってはプライバシー侵害を引き起こすリスクもあるため、今一度現状の利用方法について見直しをかけた方が良いかもしれません。

IIJではITセキュリティとプライバシー保護の両面を考慮して、適切なアドバイスしておりますので、お気軽にbizrisk-enquiry@iij.ad.jp までご連絡ください。

関連するブログ

関連記事