個人データを、ビジネスを守る、IIJ

在日のEU各国の大使館の取り扱い


  • 2018年7月19日

01. 総則

在日のEU各国の大使館の取り扱いについてです。
(1)各国大使館職員などの個人データの処理業務の業務委託を受ける場合、 SCC締結等の対応が必要になるか。
(2)もし、各国大使館がEEA域内という取扱いである場合、大使館内の個人データもGDPRの 適用対象であると考えますが、大使館の中でのみ個人データを扱うようにすれば、「域外移転」は発生しないと考えてよいか。
(この欄で紹介するQ&Aはこれまで多くのお客様からお寄せいただきました代表的な質問です。)

続きは有料会員様にご覧いただけます

ログイン 有料会員登録情報を見る

関連する記事