個人データを、ビジネスを守る、IIJ

バックアップの削除


  • 2018年11月30日

03.3. データ主体の権利/訂正及び消去

データ主体の権利の一つに削除権(忘れられる権利)があります。これによれば、データ主体より削除の要請があれば、管理者は遅滞なく該当データを削除する必要があります。とはいうものの、情報システムのバックアップデータから該当する部分のみ削除するのは、現実的に困難であると思われます。このような場合にはどうしたらよろしいのでしょうか?
(この欄で紹介するQ&Aはこれまで多くのお客様からお寄せいただきました代表的な質問です。)

続きは有料会員様にご覧いただけます

ログイン 有料会員登録情報を見る

関連する記事