個人データを、ビジネスを守る、IIJ

取引先の個人データ


  • 2018年8月20日

03.2. データ主体の権利/情報及び個人データへのアクセス

欧州にサプライヤー監査のために出張いたしますが、相手先サプライヤーから得る情報の中に個人情報が含まれる可能性があります。例えば個人名が入っているものであれば、相手先の資料(個人名、肩書入り)などが考えられます。このような場合、プライバシーノーティスを提示すれば足りますしょうか?その場合、pdfファイルをメール添付で通知することで問題ないでしょうか?また、これでは問題がある場合は、どのような解決策がありますでしょうか?
(この欄で紹介するQ&Aはこれまで多くのお客様からお寄せいただきました代表的な質問です。)

続きは有料会員様にご覧いただけます

ログイン 有料会員登録情報を見る

関連する記事