個人データを、ビジネスを守る、IIJ

原産地証明取得の際の適法根拠


  • 2019年3月27日

02. 諸原則

当社日本本社は、貿易手続き上、原産地証明書を取得するため、GDPR対象となる個人データを経済産業省及び商工会議所へ開示しています。この際の、プライバシーノーティス記載内容や適法根拠の考え方はどのようになるのでしょうか?
(この欄で紹介するQ&Aはこれまで多くのお客様からお寄せいただきました代表的な質問です。)

続きは有料会員様にご覧いただけます

ログイン 有料会員登録情報を見る

関連する記事