世界のプライバシー保護規制対応を支援するサイト

ログイン 今すぐ会員登録する
個別説明ご希望の方

【補完的ルール】生体データを要配慮個人情報として取り扱うことの要否


  • 2022年9月28日

日本

欧州

GDPR

個人情報保護法

センシティブデータ

個人データ

質問

当社では、十分性認定に基づいて、指紋・顔認証データ等の生体データをEUから日本に域外移転することを予定しています。この場合、提供を受けたデータを要配慮個人情報として取り扱う必要がありますか。

回答

指紋・顔認証データ等の生体データは、日本の個人情報保護法(以下、「法」)上、、、

コンテンツをご覧になるにはログインが必要です

ログイン

関連する記事

個別説明をお申込希望の方

個別説明をお申し込み希望の方は以下のフォームをご記入の上、送信ボタンを押してください

*のある項目は入力必須です。