個人データを、ビジネスを守る、IIJ

【論説】情報漏洩時の有事対応シリーズ⑤:内部不正対応時のヒアリングとインタビュー(理論編)


情報漏洩の際、初期対応での発見事項を精査の上、内部不正の可能性が高い場合、不正調査(対物・対人調査)を実施する必要があります。その際重要なのは、被疑者や重要参考人とのインタビューになり、やり直しがきかないため、成否のカギ […]

続きは有料会員様にご覧いただけます

ログイン 有料会員登録情報を見る

関連記事