個人データを、ビジネスを守る、IIJ

【回答公開中】
新型コロナ流行時の権利行使対応時間


  • 2020年9月10日

04.2. 管理者及び処理者/個人データの安全性

質問

新型コロナウイルス感染症蔓延のため、当社では在宅勤務奨励や海外事務所の 一時閉鎖などを行っています。このため、個人からの権利行使への対応が遅延する可能性が想定されます。新型コロナウイルスに関連して、GDPRの規程する個人からの権利行使への対応期間制限についての緩和措置があるか否かについてお教えください。

回答

EU主要国のデータ保護監督機関がCOVID-19のパンデミックに関連して公表したGDPR適用その他個人データ保護に関するガイダンスを調べましたところ、権利行使対応期間について言及しているのは、(もはやEU加盟国ではありませんが)英国のInformation Commissioner's Office (ICO)だけでした。英国はEU離脱後もGDPRを国内法として読み替えて同じ規制を適用しているので、参考になると思います。ドイツ、フランスの当局は同様の言及をしていないので、保証の限りではありませんが、常識的には、COVID-19対応を理由とする多少の遅延は許されるのではないかと推測します。
ICOによれば、COVID-19の対応に組織のリソースを割かれるであろうことを考慮し、データ主体からの権利行使対応の遅れを理由とする法執行処分はとらないとのことです。さらに、権利行使対応の法定期限を延長することは正式にはできないが、パンデミックの期間中、権利行使対応が遅れることがあるかもしれないことについては、ICOとしても広報するとしています。原文のリンクは以下のとおりです。
https://ico.org.uk/for-organisations/data-protection-and-coronavirus/

関連する記事