個人データを、ビジネスを守る、IIJ

米国 ネバダ州インターネットプライバシー法成立


1.インターネットプライバシーに関する法律の成立

米国ネバダ州では、インターネットのプライバシーに関する法律(AN ACT relating to Internet privacy) (以下「AIP」)が知事の署名により成立した。2021年10月1日に施行される。

2.法律の主な内容

ネバダ州では、個人情報の安全とプライバシーに関するネバダ改正法603A章(Chapter 603A of the Nevada Revised Statutes on Security and Privacy of Personal Information)において、消費者から特定の情報の販売禁止の指示を受けた場合、インターネットのウェブサイトのオペレーターは消費者の特定の情報の販売を禁止されるが、今回の法律は、データブローカーに対しても同じ制限を行うものである。

データブローカーとは、ネバダ州に居住する消費者に関する対象情報とは直接の関係を持たず、運営者または他のデータブローカーから購入し、その対象情報を販売することを主な事業とする人をいう(2条)。

ここで「対象情報(Covered information)」とは、オンラインサービスに関する以下の1 つ以上の個人識別情報を意味し、オペレーターまたはデータブローカーによって管理されアクセス可能なものをいう(6条)。

  • 姓名
  • 通りの名前と市や町の名前を含む自宅またはその他の物理的な住所
  • 電子メールアドレス
  • 電話番号
  • 社会保障番号
  • 特定の人に物理的またはオンラインで連絡できるようにする識別子
  • オペレーターのインターネット Web サイトまたはオンライン サービスを通じてその人物から収集され、オペレーターまたはデータ ブローカーによって、個人を特定できる形式で識別子と組み合わせて保持される、人物に関するその他の情報

各データブローカーは、消費者がリクエストを送信できるアドレスを作成する必要があり、消費者は、いつでも、そのアドレスを介して、データブローカーが購入した、または購入する予定の消費者に関する対象情報を販売しないようにデータブローカーに指示を出すことができる。消費者からの販売禁止の指示を受けたデータブローカーは、データブローカーが購入した、または購入する予定の、その消費者に関する対象情報を販売してはならない。データ ブローカーは、消費者の指示を受け取ってから原則として 60 日以内に対応する必要がある(3条)。
3条を遵守しなかった場合、データブローカーは不履行通知を受け取ってから30日以内に是正することができるが(3.3条)、法律に違反したデータブローカーに対して、司法長官は差止命令または民事罰を求める権限を有する。

【AIP】

https://www.leg.state.nv.us/App/NELIS/REL/81st2021/Bill/7805/Text

コンテンツ

米国関連コンテンツ

世界各国のプライバシー保護規制の概要一覧(2021年4月15日更新)

IIJでは前回の2021年1月14日版に続き、日本企業からお問合せの多い①38ヵ国・地域、②17調査項目(クッキー規制等を含める)を対象に、西村あさひ法律事務所の協力も得て、この度「世界各国のプライバシー保護規制の概要一覧(グローバル・オーバービュー)」の更新版を作成しました。

サービス

IIJビジネスリスクアドバイザリーサービス

GDPRや中国CS法、カリフォルニア消費者プライバシー法に関するコンサルティングを行っている専門家が、プライバシー保護規制のちょっとした疑問からドキュメントの作成支援に至るまで、お客様の様々なご相談にお答えします。

IIJプライバシー保護規制対応ソリューション

IIJが展開するプライバシー保護規制対応ソリューションの全体像をご案内しています。

関連記事