個人データを、ビジネスを守る、IIJ

【PR】世界各国のDPO設置義務に関する最新動向(2021年4月15日時点)


IIJでは前回の2021年1月14日版に続き、日本企業からお問合せの多い①38ヵ国・地域、②17調査項目を対象に、西村あさひ法律事務所の協力も得て、この度「世界各国のプライバシー保護規制の概要一覧(グローバル・オーバービュー)」の更新版を作成しました。対象国について、前回の31ヵ国に加え、今回7ヵ国(バーレーン、バングラデシュ、ラオス、サウジアラビア、スリランカ、アラブ首長国連邦(アブダビ)、英国)を追加しています。なお、前回から更新がなかったのは、計8ヵ国(アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、香港、マカオ、ニュージーランド、ロシア))となります。

今回も世界各国のData Protection Officer(”DPO”)またはChief Privacy Officer(”CPO”)の設置義務について調査しており、設置義務を課している国・地域は、下記の3つに分類できるようです:

1. DPOまたはCPOを設置する義務あり EEA、英国、イスラエル、インド、インドネシア、カナダ、シンガポール、タイ、アラブ首長国連邦(ドバイ)、ニュージーランド、フィリピン、ブラジル、メキシコ、ロシア、中国、南アフリカ、台湾、韓国、ラオス
2.    DPOまたはCPOを設置することを推奨(設置による義務の免除がある場合を含む) アルゼンチン、ケニア、スイス、バーレーン
3.    DPOまたはCPOを設置する義務、もしくは推奨するような条項は現状見当たらない カリフォルニア、オーストラリア、カタール、カンボジア、トルコ、ベトナム、マカオ、マレーシア、ミャンマー、日本、香港、バングラデシュ、サウジアラビア、スリランカ、アラブ首長国連邦(アブダビ)

EEAと英国のDPOは独立的な立場としてそれ自身責任を負わないのに対して、それ以外の国の責任者はプライバシー保護に責任を有する立場となります。

グローバルマップ上で上記3分類を国・地域別に色付けすると、下記の通りとなります:

DPOまたはCPOの設置義務の詳細情報については、下記レポートの「DPO設置義務」にて確認可能となっています:

IIJ DPO/CPO補佐サービス

IIJはお客様の個人データを大量にお預かりするクラウドサービスプロバイダとしての立場から、GDPR施行前からEUをはじめ各国のプライバシー保護法への対応を進めて参りました。IIJはこの知見を生かし、グローバルにビジネスを展開している、またはこれから展開しようとしている企業及び企業のDPO/CPOに対し、プライバシー保護法とITセキュリティに高い専門性を持つプライバシー保護法コンサルタントが、各国のプライバシー保護法の調査とその対応をサポートします。本サービスは、各国拠点のプライバシー保護法コンプライアンスを管理するために、日本本社に統括DPO/CPOを設置する形式も、日本本社及び各国拠点にDPO/CPOを設置する形式もサポートします。詳細はこちらをご参照ください。

お問い合わせ、見積もり依頼はお気軽に、お気軽にbizrisk-enquiry@iij.ad.jp までご連絡ください。

関連情報

コンテンツ

DPO関連コンテンツ

CPO関連コンテンツ

世界のプライバシー保護規制関連コンテンツ

サービス

IIJ DPO/CPO補佐サービス

IIJ DPO/CPO補佐サービスは、 IIJのプライバシー保護法コンサルタントがお客様のGDPR、及び各国プライバシー保護法により企業に求められるDPO(Data Protection Officer:データ保護責任者)とCPO(Chief Privacy Officer:最高プライバシー保護責任者)をサポートするアウトソーシングサービスです

IIJ DPOアウトソーシングサービス

IIJ DPOアウトソーシングサービスは、EU GDPRで求められるDPO(Data Protection Officer:データ保護責任者)のアウトソーシングサービスです。
プライバシー保護法制とITセキュリティに高い専門性を持つIIJのDPOチームが、お客様のGDPR遵守対応をサポートします。

IIJ EU代理人サービス

EUに拠点をもたずEUと取引をする企業は、管理者、処理者に関わらず、EU代理人(EU representative)を選任する義務があります。IIJ EU代理人サービスは、EU各国(27カ国と英国)のEU代理人が、EU各国の監督機関やデータ主体(EUに所在する個人)から、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語での問い合わせに対応します(その他のEU公用語も対応可能です)。また、日本語でお客様に取り次ぐと共にGDPRの専門家としてのアドバイスも行います。

世界各国のプライバシー保護規制の概要一覧(2021年4月15日更新)

IIJでは前回の2021年1月14日版に続き、日本企業からお問合せの多い①38ヵ国・地域、②17調査項目(クッキー規制等を含める)を対象に、西村あさひ法律事務所の協力も得て、この度「世界各国のプライバシー保護規制の概要一覧(グローバル・オーバービュー)」の更新版を作成しました。

IIJプライバシー保護規制対応ソリューション

IIJが展開するプライバシー保護規制対応ソリューションの全体像をご案内しています。

BizRis有料会員のメリット

有料会員様向けのアドバイザリーサービス

GDPRや中国CS法、カリフォルニア消費者プライバシー法に関するコンサルティングを行っている専門家が、プライバシー保護規制のちょっとした疑問からドキュメントの作成支援に至るまで、BizRis有料会員様の実務上の様々なご相談にお答えします。

関連記事