個人データを、ビジネスを守る、IIJ

個人情報保護委員会が「令和2年改正個人情報保護法 政令・規則案」を公開


令和2年改正個人情報保護法の政令と規則案を公開

2020年12月25日 に開催された第162回 個人情報保護委員会にて議題となった、令和2年改正個人情報保護法の政令・規則案が公開された。主な内容は、以下の通りである。

1. 漏洩等報告・本人通知

• 報告対象は、①要配慮個人情報、②財産的被害が発生するおそれがある場合、③不正アクセス等故意によるもの、④1,000人を超える漏洩等 • 委員会への報告は、速報と確報の二段階とし、事態の発生を認識した後、速やかに速報を求めるとともに、30日(上記③の場合は60日)以内に確報を求める

2. 仮名加工情報

• 加工基準は、①氏名等の特定の個人を識別できる記述等、②個人識別符号、③財産的被害が生じるおそれのある記述等 の削除・置換を求める

3. 個人関連情報

• 提供元における本人同意の確認方法は、提供先から申告を受ける方法等とする

• 提供元における記録義務としては、①提供年月日、②第三者の氏名等、③個人関連情報の項目等を記録させ、原則3年の保存を求める

4. 越境移転

• 同意取得時に本人に提供すべき情報としては、①移転先の所在国名、②適切かつ合理的な方法で確認された当該国の個人情報保護制度、③移転先が講ずる措置について情報提供を求める

• 移転元が講ずべき「必要な措置」としては、①移転先における個人データの取扱状況及びそれに影響を及ぼしうる移転先の所在国の制度の有無の定期的な確認、②適正な取扱いに問題が生じた場合の対応(適正な取扱いの継続的な確保が困難な場合は個人データの提供を停止)を求める

5. 法定公表事項

• 公表事項に、安全管理のために講じた措置を追加(ただし、公表により支障を及ぼすおそれがあるものを除外)

6. その他

• 開示方法、オプトアウト届出事項、申請手続き、届出等様式や権限委任規定等の所要の改正を実施する。

【第162回 個人情報保護委員会 配布資料】

https://www.ppc.go.jp/aboutus/minutes/2020/201225/

関連情報

コンテンツ

改正個人情報保護法関連ニュース

サービス

IIJビジネスリスクアドバイザリーサービス

GDPRや中国CS法、カリフォルニア消費者プライバシー法に関するコンサルティングを行っている専門家が、プライバシー保護規制のちょっとした疑問からドキュメントの作成支援に至るまで、お客様の様々なご相談にお答えします。

関連記事