個人データを、ビジネスを守る、IIJ

ドイツ 指紋認証による勤怠管理は違法と判決


事案の概要 原告は放射線技師である。勤務先は2018年8月1日から勤怠管理に指紋認証を導入した。しかし、原告は従前通りの紙媒体による勤務時間の記録を付け続けたため、勤務先は原告に対して、同年10月5日、2019年3月26 […]

続きは有料会員様にご覧いただけます

ログイン 有料会員登録情報を見る

関連記事