個人データを、ビジネスを守る、IIJ

【追記:Appleが適用延期を表明】 iPhone用新OSの適用開始が迫り、ネット広告利用各社へ影響も


iOS 14ではプライバシー保護が大幅に強化

Apple社のiOSの新バージョンであるiOS 14が2020年6月22日に発表され、大きな反響を呼んできた。今秋提供開始が予定されているが、地図、翻訳等のスマートフォン利用の利便性を向上する施策の中、この発表の中で強調されていたのが「プライバシー保護」の強化である。  

追跡の許可が必要に

Apple社の開発者向けのサイトでの解説によれば、概略以下の通りである。
(1)Appのデータ使用方法を説明する App Storeにてユーザーが下記を確認できるようになる。
  • そのアプリが収集するデータの種類
  • その情報を用いたユーザーの追跡
  • 個人やデバイスとの紐付けの有無
(2)追跡の許可が必要になる
  • ユーザー追跡やデバイス広告識別子へのアクセスにはAppTrackingTransparencyフレームワークが必要
  • ID for Vendors(IDFV)により「同一のコンテンツプロバイダ」の複数アプリ間でのユーザー追跡は可能
  • 許可を得ていない場合には、他社が所有するアプリやwebサイト間でのユーザー追跡はできない
  • ユーザー追跡とは、通常、ターゲティング広告や広告効果測定で行われているユーザーやデバイスに関するデータを紐づける行為や、それらをデータブローカーに渡すことを示す。
 

Facebook社が懸念表面

このプライバシー強化策は、現在行われているターゲティング広告の手法に大きく影響を与えるものである。各方面から懸念が表明されてきており、例えばFacebook社は8月27日に同社の事業者向けブログにおいて次のように述べている。
  • Facebook社は今後、iOS 14上の広告向け識別子を収集しない。
  • ユーザーにFacebook上、Facebook以外の活動でのユーザー情報の選択を通知する。
  • iOS 14用のSDKをリリースする。
その上で「広告のターゲットに関する精度やキャンペーン等に関する計測が影響を受けるであろう。このため、Facebook社が最善を尽くしたとしても、iOS 14のアップデートが非効率をもたらすであろう」との懸念を表明している。   世界的な個人データ保護の潮流の中で、ターゲティング広告に関して、プラットフォーマー側からの取組みとして注目されるものであり、今回のiOSでのプライバシー強化施策の成否は大きな影響を与えるものと思われる。   Apple社の開発者向けサイト https://developer.apple.com/jp/app-store/user-privacy-and-data-use/   Facebook社の事業者向けブログ https://www.facebook.com/business/news/preparing-our-partners-for-ios-14-launch  

【2020年9月4日追記】 Apple社が追跡許可開始の延期を表明

2020年9月3日、Apple社が開発者向けサイトにて「開発者に時間を与えるために、追跡の許可の取得の開始を来年早期まで延期する」と表明した。詳細は今秋に公開するとしている。 Apple社の開発者向けサイトの該当するニュース https://developer.apple.com/news/?id=hx9s63c5&1599152522          

関連情報

IIJ ビジネスリスクマネジメントポータル

世界のプライバシー保護規制対応を支援する最新情報を継続的に発信。 有料会員様にはすべてのニュース、コンテンツ(ガイドラインや対応の手引き、ホワイトペーパー、FAQ、各種テンプレートなど)、セミナー情報、アドバイザリーサービスを提供しています。 BizRisの概要はこちら

31ヵ国・地域、クッキー規制も調査対象の世界各国のプライバシー保護規制の概要一覧

IIJでは2019年4月1日公開の初版、2020年3月31日公開の更新版に続き、日本企業からお問合せの多い①31ヵ国・地域(今回新たに12ヵ国を追加)、②17調査項目(クッキー規制を含める)を対象に、西村あさひ法律事務所様の協力も得て、この度「世界各国のプライバシー保護規制の概要一覧(グローバル・オーバービュー)」の更新版(2020年9月29日時点)を作成しました。

関連記事