個人データを、ビジネスを守る、IIJ

【ドイツ】キーボード操作記録を証拠とする解雇に無効判決


従業員が利用するPCのキーボード操作を記録し、定期的にスクリーンショットを記録するソフトウェアをインストールしていた企業がこのような監視によって得た証拠を理由に従業員を解雇したことについて元従業員が解雇無効を求めていた裁 […]

続きは有料会員様にご覧いただけます

ログイン 有料会員登録情報を見る

関連記事